Bスタイル

地域資源で循環型生活をする定住社会づくりプロジェクト

Bスタイルとは

百業で生きるBスタイル

HOME > プロジェクト「活動情報」

仁淀川町地図

活動情報 (Bスタイルプロジェクトが主体となっている活動です)

森からの恵み、自然エネルギー
2013/1/22 更新
 Bスタイルプロジェクトでは地域資源を活用し、エネルギーを地産地消することを大きな目標のひとつとしています。
このたび、「森からの恵み、自然エネルギー 〜地域エネルギーで地域を動かす 〜」と題しまして、シンポジウムを開催することになりました。
山間地域に眠っている自然エネルギーをうまく活用することで、地域経済を活性化させるお話を、実例を交えながら紹介していきます。
皆様のご参加をお待ちしております。
日時 2月6日(水)13:30〜17:00(開場13:00)
プログラム・・・・・・総合司会:外崎 真理雄(森林総研四国支所長)
13:00 開場
13:30 開会 趣旨説明 PDF[15.7MB]
13:30 山間部における地域エネルギーと地域振興の考え方
   ・・・田内 裕之(森林総研客員研究員、「Bスタイル」主査)
13:45 1.薪ボイラーで、エネルギーと資源とお金を回す
   コーディネイター 垂水亜紀(森林総研四国)
13:45 薪ボイラーシステムとは?ー薪の持つ可能性−
   ・・・中嶋健造(土佐の森・救援隊事務局長) PDF[2MB]
14:05 ボイラー燃料用薪の供給
   ・・・鈴木保志(高知大学) PDF[200KB]・北原文章(森林総研四国) PDF[6.0MB]
14:25 薪ボイラーによる地域エネルギー利用
   ・・・吉田貴紘(森林総研) PDF[1.7MB]
14:45 薪でお金が地域を回る 地域経済への貢献
   ・・・高村禎二(高知エコデザイン協議会) PDF[3.3MB]
15:05 休憩
15:20 2.小水力発電が地域の再生を手助けする
   コーディネイター 河原孝行(森林総研四国産学官連携推進調整監)
15:20 小水力発電のポテンシャル(仁淀川町池川地区の例)
   ・・・中山琢夫(によど自然素材等活用研) PDF[12.3MB]
   ・・・北原文章 PDF[16.3MB]
15:40 小水力発電と地域の環境整備の考え方
   ・・・菊池豊(高知小水協事務局長、高知工科大教授) PDF[2.0MB]
16:00 地域主体の小水力発電(高知方式)
   ・・・古谷桂信(高知小水協理事) PDF[2.2MB]
16:20 意見交換・全体討論
16:55 まとめ・閉会の挨拶   ・・・田内 裕之
17:00 閉会
森からの恵みシンポジウム[PDF/2,223KB]
場所 高知大学 メディアの森 6階 メディアホール
参加料 無料(当日参加も可能です)
「によどはうまいなあ。-仁淀川町まるごと生活博物館に向けて-」
2012/9/24 更新
趣旨  地元学ネットワーク主宰、吉本哲郎氏による地元学を、9月末より、仁淀川町内各地において、実践します。すべては仁淀川町と、それぞれの地域のために。地域ごとに、うまいもの探しを中心に、あるもの探しを実践してゆきます。
 こうして掘り出された、家庭料理のような「うまいもの」を集め、年度内に、仁淀川町全体で、「食の文化祭」(仮称)を実施する計画にしています。吉本地元学的な手法によって、地域に眠っているうまいもの探し、あるもの探しをしながら、「えいもん」を見せて魅せる、仁淀川町まるごとが、生活博物館となるよう目指します。
 第一弾は、長者地域からスタートです。
日時 平成24年9月28日(金) 8時30分〜
場所 高知県吾川郡仁淀川町長者地域
参加費 無料(昼食代は実費、交流会費は2000円、お支払いください。)
  地元学プログラム       地元学プログラム
  地元学プログラム[PDF/87KB]   地元学チラシ[PDF/1,710KB]

終了しました。
木文化サロンセミナー「高知の森からバイオマス利用を考える」
2012/6/5 更新
日時 2012年6月14日(木) 14:00〜16:00
場所 京都大学フィールド科学教育研究センター
第1会議室(農学部総合館2階北東角 N283)
◇ゲスト 鈴木保志(高知大学農学部・准教授)
「仁淀川町木質バイオマス利活用事業での林地残材出荷実態と出荷者の実収支の分析」
吉田貴紘(森林総合研究所・主任研究員)
「Bスタイル:地域資源で循環型生活をする定住社会づくり〜「移」「職」「住」の視点から」
◇概要  本セミナーは、当センターの「森里海連環学」にもとづく研究プロジェクト『木文化プロジェクト』によるセミナーです。プロジェクトでは、森林の管理不足が、日本の生態系を荒廃させた原因の一つであると考え、自然科学、人文社会科学の両面からのアプローチにより、森・里・海の自然と人間社会のバランスのとれた「木文化社会」の提案を目指しています。
 今回のセミナーでは、高知県仁淀川流域において、地域の木質バイオマスの利用に関する研究に取り組まれているお二人をゲストとしてお招きし、話題提供していただきます。 セミナーパンフレット PDF/294KB
※本セミナーに関するお問い合わせは、以下までお願いいたします。
 森里海連環学プロジェクト支援室
 e-mail : proshien@kais.kyoto-u.ac.jp Tel : 075-753-6434
※木文化プロジェクトについて、詳しくはこちらをご覧ください。 木文化プロジェクト

終了しました。
地域からエネルギーの未来を創る緊急シンポジウム
「自然エネルギーは地域のもの」開催
2012/5/29 更新

<内容>
当Bスタイルプロジェクトが参画していますJST-RISTEXの「地域に根ざした脱温暖化・環境共生」領域主催によるシンポジウムが開催されます。
本プロジェクトから、土佐の森・救援隊の中嶋健造氏が報告します。
また、プロジェクト成果のポスター展示も行います。
多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

<開催趣旨>
2012年度の初頭、私たちは、3-11後のエネルギーと環境について、従来の思考様式を超えた新しい方向性を確立しなければならないという、重大な局面に立っています。いま考えなければならないのは、「地域の自然エネルギーを、地域の創富力を高めるように、どう持続的に活用するのか」という、重要な設問です。
今回の緊急シンポジウムでは、エネルギー・環境についていま求められている国民的議論の一環として、地域の自然エネルギーが今後どのように活用されるべきかを、全国各地の自治体首長の皆様や地域の方々とともに、大いに論じ、地域の自然エネルギー利活用についての理念、原則、あるべき制度的枠組み等についても、積極的な提言を行う予定です。
日時 6月6日(水)13時〜18時
場所 イイノホール
〒100-0011
東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビル4F(地下鉄「霞ヶ関」駅 徒歩1分)
プログラム
13:00 - 13:05 開会挨拶 科学技術振興機構(JST)
13:05 - 13:40 1 本シンポジウムの視点
13:40 - 14:20 2 地域と自然エネルギー
14:20 - 15:10 3 こうすればできる!自然エネルギー大幅拡大
15:10 - 15:40 休憩・パネル展示
15:40 - 16:25 4 地域主体で取り組む自然エネルギー利用
16:25 - 17:55 パネル討論および今後に向けての提言
17:55 - 18:00 閉会挨拶 科学技術振興機構(JST)
(本プログラムは、状況の進展等に伴い、さらに変更を加える可能性があります)
参加費 無料(事前登録制)
定員 500名
主催 独立行政法人科学技術振興機構 社会技術研究開発センター
問い合わせ JST-RISTEX「地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会」研究開発領域
シンポジウム 事務局 TEL:03-5818-5916 FAX:03-3834-4390
E-mail:env-sympo@hakushu-arts.co.jp
お申し込み、詳細は左記HPをご覧下さい。 http://www.hakushu-arts.co.jp/sympo2012/

当日の模様は動画配信されています。  動画はこちら >>

終了しました。
第2回百業づくり全国ネットワーク大会
2012/3/21 更新
昨年度の高知県仁淀川町での設立総会から1年が過ぎました。
第2回総会についてお知らせいたします。
日時 4月5日(木)13時 〜 4月6日(金)12時
場所 長野県長野市鬼無里 鬼無里活性化センター2F コミュニティルーム
参加をご希望の方は、下記の参加票をダウンロードの上、記入例に従ってご記入いただき、
Bスタイル事務局 info@2410style.jpまで、お送りください。

申込み〆切:3月23日(金)

個人・団体どちらでもお申込み可能です。
皆様のご参加、お待ちしております。

参加票はこちら Excel/31KB 会場案内はこちら PDF/225KB

第2回百業づくり全国ネットワーク大会 第2回百業大会報告
チラシはこちら PDF/531KB

終了しました。
平成23年度「Bスタイル」プロジェクト“によどが動きだした!”報告会
盛況の内に終了しました。
2012/3/19 更新
 平成23年度末「Bスタイル」プロジェクト地域報告会、”によどが動き出した!”が、仁淀川町観光センターで開催され、50名を越える皆さまにご参加いただき、盛況の内に終了しました。
 この報告会では、プロジェクト担当者4名と、地域のみなさん5名からの報告とともに、移住者ドキュメンタリー映像「沢渡に生きる」の公開記念イベントが開催されました。
 (独)科学技術振興機構社会技術研究開発センターのアソシエイト・フェロー、重藤さわ子さんは、「地域の人びとが、地域の魅力や地域の方々の力を再発見し、新たな活躍を広げる場」として、「Bスタイル」を評価して下さるとともに、今後の展開について、有益なコメントをいただきました。
 「災害時助け合い交流」活動についてご報告下さった、高知市二葉町自主防災会の西村健一さんによるブログ「二葉町防災新聞」にも、当日の模様が詳しく紹介されています。
 平成23年度末「Bスタイル」プロジェクト“によどが動き出した!”報告会 PDF/1,772KB
平成23年度「Bスタイル」プロジェクト“によどが動きだした!”報告会
2012/1/25 更新
 今年度の「Bスタイル」プロジェクトの活動の成果と今後取り組むべき課題を、仁淀川町や仁淀川流域の皆さまと共有することを目的に、下記のとおり、成果報告会を開催します。
 本年度制作DVD「山村で生きる」の放映や、プロジェクト関係者による報告などを予定しています。
 ぜひ、お気軽にご参加ください。
日時 平成24年3月10日(土) 10:00〜12:00(9:30開場)
場所 秋葉の宿 仁淀川町観光センター(高知県吾川郡仁淀川町高瀬3869)
その他 報告会チラシはこちら PDF/1,550KB 報告会プログラムはこちら PDF/121KB
申込み 参加希望の方はお問合せフォームよりお申し込みください。
以上の日程で終了しました
「Bスタイル」プロジェクト平成23年度年度末全体会議
2012/1/25 更新
年度末全体会議を以下の日程で開催します。
日時 平成24年 3月 9日(金) 13:00
場所 (全体会議)仁淀川町基幹集落センター
(交流会・宿泊)仁淀川観光センター
問合せ お問合せフォームよりお問合せください。
プログラム 13:00 全体会議
      ・23年度計画全体把握
      ・研究方針の再確認
13:30 グループ別検討会
      ・年度計画に対する成果の検討
      ・報告書・成果の公表に向けた取り纏め
      ・24年度の研究計画
14:45 休憩
15:00 全体会議
      ・各グループリーダーが報告(成果・内容について)、
       適宜担当者からも報告
      ・全体成果の取り纏めと24年度計画の決定
17:00 会議終了
      仁淀川観光センターへ移動
18:00 交流会 (会費\4,000)
以上の日程で終了しました
「地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会」研究開発領域研究報告会
2011/11/30 更新
未曾有の被害がもたらされた3月の東日本大震災と原発事故により、脱温暖化・脱化石燃料をめぐる情勢は一変しました。
脱温暖化・気候変動対策の切り札として注目を浴びてきた再生可能エネルギーの導入・普及や、持続型の地域づくりに、いま、これまでにないスピードと確実さが求められています。
地球温暖化と大規模な気候変動は、人類が直面している多様な危機の中でも、解決すべき最も重要な課題の1つであり、自然エネルギー導入、地域活性化、農林業振興、持続型産業育成、タテ割り行政の打破と地方分権など、大震災からの復興とも共通する多様な課題につながっています。
これまでの脱温暖化の研究開発の大半は理工学的シナリオに基づいた実証実験であり、技術至上主義に陥っていて、社会における導入・普及を進めるための仕組みづくりや人材の育成、主体の形成などが全くぬけおちていました。
本領域では、2008年(平成20年度)のスタート時点から、2050年の温室効果ガス60〜80%削減を目指し、人的・社会的シナリオの開発を重視した、「現場目線」に立った「社会技術」による社会技術研究開発プロジェクトを推進して参りました。
現在進行中の16のプロジェクトのフィールドは、北海道から九州まで、ほぼ全国にわたり、
1.生産者・流通・消費者をつなぐ、
2.I/Uターンの促進と脱温暖化、
3.再生可能エネルギーで都市と地方をつなぐ、
4.再生可能エネルギー促進の仕組みづくり、
5.地域課題の解決から脱温暖化シナリオを描く、
6.脱温暖化に地域一体で取り組むこと等をめざした、
意欲的な試みです。
本領域も設置以来3年が経過し、研究開発活動も後半戦に入りました。
そこで、下記要領にて全16プロジェクトの研究代表者による研究報告会を開催することと致しました。
これまでの活動を報告し、皆様とともに大いに議論を深め、成果創出の加速を図りたいと考えております。
年末のお忙しい時期かと存じますが、ふるってのご参加をお待ちしております。
日時 12月16日(金)・18日(日) 10:00〜18:10(両日とも)
場所 K‘s五番町ビル1階ホール(東京千代田区五番町7番地)
定員 150名
参加費 無料
主催 独立行政法人科学技術振興機構 社会技術研究開発センター
問合せ 「地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会」研究開発領域事務局
(担当:浅野、大倉)TEL: 03-5214-0132/FAX: 03-5214-0140
ポスター PDF/2MB
プログラム PDF/84KB
以上の日程で終了しました
第3回 二葉町&仁淀川町地域交流会 in 仁淀川町(池川地区)
2011/11/16 更新
日時 平成23年11月23日(水・祝) 10時〜16時
場所 高知県吾川郡仁淀川町池川土居地区
参加費 無料
昼食 平家椿山弁当(1300円)
(11月20日までに、「Bスタイル」仁淀川町大崎事務所までお申し込み下さい)
その他 申込み・問い合わせ先:お問い合わせフォームよりご連絡ください。
詳しくはこちら PDF/437KB

ご興味をお持ちの方は、Bスタイル事務局までお問い合わせください。
以上の日程で終了しました
薪祭り&一般公開のご案内
2011/11/7 更新
土佐の森・救援隊が提供します「薪祭り(薪割りと薪の提供)」を開催!
”古いけど新しいエネルギー「薪」”を体験してください!
プチイベントとして、仁淀川町産の試食・販売も行います。
日時 11月5日(土)11:00〜15:00
場所 森林総合研究所四国支所 高知市朝倉西町2-915
参加 無料
内容 @薪割り体験
A間伐材によるマイ箸づくり
B薪ストーブの展示
C薪の産直市及び薪宅配サービス
D森のエコごはん(仁淀川町産)
 ・仁淀川森弁当「かつよりくん弁当限定版」(600円)※予約制PDF/166KB
 ・仁淀川森スープ(無料)限定100食
E椿山南瓜饅頭の試食&販売50パック(仁淀川町産)PDF/735KB
問合せ NPO法人土佐の森・救援隊
TEL:0889-22-5299 FAX:0889-22-5399 詳しくはこちら PDF/333KB
同時開催 独立行政法人森林総合研究所四国支所一般公開
日時 11月5日(土)9:30〜15:30 詳しい時間割ができました PDF/2,152KB
場所 上記イベントと同じ
参加 無料
問合せ 森林総合研究所四国支所 一般公開係
TEL:088-844-1121 FAX:088-844-1130 メール 詳しくはこちら PDF/426KB
以上の日程で終了しました
第1回 昭和秋の感謝祭
2011/11/2 更新
昭和の良き時代の頃によく言った、向こう3軒両隣、大人も子供も誘い合って集まってみませんか?
楽しい!美味しい!嬉しい!
昭和の祭りへ行こう!
当日は地元の方々のお店が大集合!目玉商品や楽しい企画が盛り沢山!
日時 11月3日(木) 11時〜16時頃(日暮れ前まで)
場所 昭和小学校グラウンドと体育館(昭和33番地ひろば)※雨天決行(会場:体育館)
駐車場はございません。
主催 のれん33番地 協力:昭和小学校
催し内容 ●飲食販売●テイクアウト販売●クラフトや手作り販売●かんたんネイル&ハンドエステ●よさこい鳴子踊り●昔あそび●もちなげ●じゃんけん大会
※二葉町・仁淀川町がコラボして、仁淀川町産品の販売を行います。
皆様、お気軽にお立ち寄りくださいませ。 詳しくはこちら PDF/279KB
以上の日程で終了しました
第8回 Bスタイルプロジェクト協働会議
2011/10/19 更新
日時 平成23年11月24日(木) 14時〜16時
場所 高知県吾川郡仁淀川町大崎214 仁淀川町基幹集落センター2階大会議室
内容 テーマは「仁淀川町におけるグリーン・ツーリズムを考える」
プログラムはこちら PDF/101KB
参加費 無料(当日参加も可能です)
その他 申込み・問い合わせ先:お問い合わせフォームよりご連絡ください。
以上の日程で終了しました
第7回 Bスタイルプロジェクト協働会議
2011/9/30 更新
日時 2011年10月16日(日)14時から16時
場所 仁淀川町大崎の基幹集落センター2F大会議室
内容 テーマは「仁淀川町における地域通貨を考える」。
プログラムはこちら PDF/480KB
参加費 無料(当日参加も可能です)
その他 申込み・問い合わせ先:お問い合わせフォームよりご連絡ください。
以上の日程で終了しました
第6回 Bスタイルプロジェクト協働会議
2011/8/30 更新
日時 2011年9月27日(火)14:00から16:00まで
場所 池川コミュニティーセンター4階会議室
(高知県吾川郡仁淀川町土居甲916-3)
※前回までの協働会議の会場とは異なりますので、ご注意ください。
内容 テーマは「仁淀川町の森林資源の利活用について考える」。
プログラムはこちら PDF/112KB
講師 中嶋健造氏(NPO法人土佐の森・救援隊事務局長)
事例
紹介
片岡利一氏、片岡博一氏(上名野川地区の自伐林家)
参加費 無料(当日参加も可能です)
その他 申込み・問い合わせ先:お問い合わせフォームよりご連絡ください。
以上の日程で終了しました
第5回 Bスタイルプロジェクト協働会議
2011/8/9 更新
日時 2011年8月23日(火)14:00から16:00まで
場所 仁淀川町大崎214 基幹集落センター2階会議室
内容 テーマは「仁淀川町における小水力発電の可能性」。
プログラムはこちら PDF/115KB
以上の日程で終了しました
第4回 Bスタイルプロジェクト協働会議
2011/7/25 更新
日時 2011年7月21日(木)14時〜
場所 仁淀川町大崎214 基幹集落センター2階会議室
内容 テーマは「仁淀川町にある野菜の収集・運搬・販売方法について考える」。
プログラムはこちら PDF/134KB
以上の日程で終了しました
伊予鉄トラベルさん主催『仁淀川町』日帰り観光ツアー
2011/6/26 更新
安居渓谷 飛龍の滝愛媛県の松山市の伊予鉄トラベルさん主催で松山発のバスツアーが開催されています。
【日帰りの旅】
牧野富太郎が愛したフィールドをナチュラリストと歩く
展望がすばらしい牧野博士ゆかりの「鳥形山(1,342m)」と美しい水の絶景「安居渓谷」・秘境「椿山集落」
詳しくはこちら PDF/435KB
出発 6月26日(日)、7月17日(日)、8月7日(日)の3日間を予定しております。
連絡先 株式会社伊予鉄トラベル
 〒790-0004 松山市大街道3丁目1-1
 TEL089-948-3161(月〜土曜) 9:00〜18:00
その他 中津明神山」行きのツアーも企画されています。詳しくはこちら PDF/462KB
以上の日程で終了しましたが、伊予鉄トラベルさん主催の仁淀川町ツアーは新企画で継続して実施中です。詳細につきましては、上記の連絡先までお問い合わせください。
以上の日程で終了しました
第3回 Bスタイルプロジェクト協働会議
2011/6/24 更新
日時 2011年6月23日(木)14時〜
場所 仁淀川町大崎214 基幹集落センター2階会議室
内容 今回の講師は、5月からBスタイルプロジェクトの研究員として、プロジェクトに参加してくれています、中山琢夫氏です。
今までの大学での研究活動の中から、グリーンツーリズムの現状や課題について、講演して頂きました。
プログラムはこちら PDF/16KB
以上の日程で終了しました
第1回 二葉町&仁淀川町地域交流会
2011/6/8 更新
 Bスタイルプロジェクトでは、この度の大震災に鑑み、CSA農業(食の保証)と災害時の避難等支援(生活の保証)とを取り入れた、新しい都市と農 山村を結ぶ仕組み作りのため、仁淀川町と高知市二葉町との間で地域交流会を開催しました。
第1回 二葉町&仁淀川町地域交流会の内容等は以下のとおりです。
スケジュール CSA配付資料 交流会風景
スケジュール PDF/210KB CSA配付資料 PDF/565KB 交流会風景
終了しました
Bスタイルプロジェクト仁淀川町の事務所オープン
2011/5/16 更新
 かねてから準備を整えていた、プロジェクト事務所が仁淀川町大崎にてオープンしました。
によど自然素材等活用研究会
〒781-1501
高知県吾川郡仁淀川町大崎214
仁淀川町基幹集落センター2F
TEL・FAX:0889-35-0567
Bスタイルプロジェクト仁淀川町の事務所オープン Bスタイルプロジェクト仁淀川町の事務所オープン
第2回 Bスタイルプロジェクト協働会議
2011/5/6 更新
日時 2011年5月18日(水)13時〜
場所 仁淀川町大崎214 基幹集落センター2階会議室
内容 食をテーマに、講師として中土佐町の「風工房」の立ち上げや、あぐり窪川の「豚まん」、檮原町の「雲の上のホテル」のプロデュースなどで活躍している川ア清隆氏を講師にお招きして開催しました。
プログラムはこちら PDF/14KB
以上の日程で終了しました
『石垣いちご』の植え付け
2011/5/2 更新
仁淀川町で地元の小学生たちと『石垣いちご』の植え付けを行います。
日時 2011年5月2日(月)
場所 仁淀川町長者地区のしょうぶ祭り等が行われている、だんだんの石垣の一部で行います。
その他
(お問い合わせ・申込み先)
主催:によど自然素材等活用研究会
連絡先:090-8696-7707
担当:井上 光夫
http://www.2410riv.jp
石垣いちごを植えよう
以上の日程で終了しました
Bスタイルプロジェクト有志 現地支援の取り組み
2011/5/1 更新
Bスタイルプロジェクトのメンバー有志は、震災直後より岩手県遠野農林振興センターさんが運営主体となっている大槌町吉里吉里での支援「カッパ薪 の湯プロジェクト」に参加しています。
避難所吉里吉里小学校において、ガレキ廃材を使った、薪によるお風呂支援です。昼間ボランティア活動を行いながら、夜は皆でこれからの再生・復興 のあり方についての議論を行っています。
詳しくは、最新活動状況http://cyclelink.jugem.jp/を御覧ください。

なお、皆様及びお知り合いの方でボランティアに参加したい方がおりましたら、こちら(お問い合わせフォームへ)までご連絡下さい。よろしくお願いいたします。
以上の日程で終了しました
第1回 Bスタイルプロジェクト協働会議
2011/4/22 更新
日時 2011年4月26日(火)14時〜17時
場所 仁淀川町観光センター2F会議室
内容 講師に松本英揮氏をお招きし、環境先進国ドイツにおけるエネルギー事情を講演して頂くと共に、町内で取り組んでいるバイオエネルギーに関する事例を紹介して頂きました。その後、皆で、地域エネルギーの将来像について語り合いました。
プログラムはこちら PDF/16KB
以上の日程で終了しました
薪のある暮らし
2011/3/12 更新
日本を代表する「薪割リスト-深澤光氏」を招いて、森エネルギー(薪)で暮らし火のある豊かな環境に包まれた自然と調和する新しいライフスタイルを提案します。
日時 2011年3月12日(土)15:00〜17:00
場所 高知市立自由民権記念館自由ギャラリー
参加費 無料
懇親会 18:00〜20:00終了後、深澤氏を囲んで懇親会を開催します。
その他
(お問い合わせ・申込み先)
NPO法人土佐の森・救援隊佐川事務所
〒789-1203高知県高岡郡佐川町1494-1
TEL:0889-22-5299
FAX:0889-22-5399
HP:http://mori100s.exblog.jp/
MAIL:tosa-wood@kochi.email.ne.jp
薪のある暮らし
イベントは中止となりました。深澤氏は岩手から高知への道中で被災されましたが、現在、復興支援活動をされているそうです。
「百業づくり全国ネットワーク」設立フォーラム
2011/3/9 更新
2月19日、20日の二日間、仁淀川町観光センターで「百業づくり全国ネットワーク」設立フォーラムが行われました。百業とは、目の前にある自然の資源を見直し、活用し、それを100種類の生業(なりわい)にしようというものです。
「百業づくり全国ネットワーク」設立フォーラム「百業づくり全国ネットワーク」設立フォーラム
終了しました
JST社会技術開発プロジェクト
「Bスタイル:地域資源で循環型生活をする定住社会づくり」
2011/2/24 更新
平成22年度 年度末全体会議
2月19日、百業フォーラムに先立ち、仁淀川観光センターにおいて、Bスタイルプロジェクトの年度末会議が執り行われました。
・全体説明
まず、プロジェクト主査である田内氏(森林総研四国支所・産官学連携研究調整官)によって、研究方針の再確認と全体的な活動報告が行われました。
全体説明
・各グループで打合せ
「移」、「職」、「住」の各グループによって、
@キックオフミーティングで確認した計画に対する成果の検討
A報告書・成果の公表に向けた取り纏め
B来年度の研究計画
について話し合われました。
各グループで打合せ
・全体会議
各グループリーダー、担当者から今年度の成果・内容について報告があり、全体成果の取り纏めと次年度計画方針が議論されました。今年度の成果として、「移」グループでは、林地残材の搬出コスト分析や薪ボイラーのコスト分析、「職」グループでは、土佐の森方式と呼ばれる林地残材供給システムの拡大、百業リストの作成、耕作放棄地での取り組み(菜種、文旦等)、「住」グループでは、資源発掘のためのヒアリングやモニターツアーの開催、地域通貨の課題と可能性について、主に報告されました。
「移」グループ「職」グループ「住」グループ
また、JST領域アドバイザー大谷氏、JST社会技術研究開発センター 企画運営室の浅野氏よりコメントをいただきました。 次年度以降はプロジェクトのミッションを果たすため、これまで以上に地域に根ざした取り組みと、同領域のプロジェクト間の連携が求められます。
Bスタイルプロジェクト年度末会議のお知らせ
2011/2/14 更新
日時 2011年2月19日(土)9時〜12時
場所 仁淀川町観光センター
内容 本年度の成果報告と来年度計画についての話し合いを行います。午後より、百業づくり全国ネットワーク設立大会があります。
以上の日程で終了しました
自伐林家交流会
2011/1/12 更新
日時 2011年1月12日(土)〜2011年1月13日(日)
場所 仁淀川町山村自然学校 しもなの郷
参加費 無料
持ち物 筆記用具
定員 50名
橋本さん、浜口さんを講師にお招きし、先駆的な自伐林家を囲んで研修します。
以上の日程で終了しました